生命保険の上手な選び方

生命保険加入で失敗しない保険の上手な選び方!

生命保険には様々な種類があります!生命保険の失敗しない上手な選び方についてご紹介します!

生命保険の選びで間違えないためには

生命保険を選ぶ際に、色々な会社の商品があり、種類がありすぎて何を基準に選んだらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか?生命保険の知識がないという人は特に、分からないまま保険に入ってしまったり、友人などの付き合いで入ってしまうという人もいるのではないでしょうか。生命保険に加入する際には、よくわからないまま加入をしてしまうという事は絶対にやってはいけません。保険は万が一自分の身に何かが起こった時の為に加入するものとなりますので、自分が求める内容が不足していても、必要のない特典を付けてしまっても、保険料が無駄に高くなってしまうのです。そうならない為にも、保険に加入する前に、自分に必要な条件をしっかりと把握して、自分のお給料に見合った金額の保険に入るようにしましょう。負担が大きすぎてしまっては、将来負担が大きくなってしまい、保険の見直しをするという時がくるかもしれないのです。そうなってしまいますと、これまで支払ってきた保険料も無駄になってしまいますので、保険に入る前にもしっかりと将来設計を行い、自分にとって必要な保険にだけ加入するようにしましょう。癌保険のついている生命保険だと、もしもの際に必ず役に立つことでしょう。又、定期保険(掛け捨て重視か?積立重視かでも支払う保険料もかなり違ってきます!子供の学資保険も積立だけのものと育英年金(掛け捨て)がセットになっている保険もあります!育英年金は契約者が万が一のために、満期まで支払が免されますが、殆どの場合生命保険に加入しているので必要ないケースが殆どです!この辺もきちんと将来設計を立ててから加入する事をお勧めしたいですね!

 

生命保険の選びいい例・悪い例

生命保険を選ぶ際の重要なポイントは、定期保険などの更新型の保険・特約を見直してみるといいでしょう。更新型の場合は、10年、15年などで保険の更新が行われますので、更新時に保険料が上がるのです。また、保険料の支払いが終わった時に保障が切れてしまうというものもあるのです。その結果、ダブりが多く、無駄が多くなってしまいがちなのです。次に重要な保険の選び方は、がん保険が入っているという事です。がんになる人は、今では人口の2人に1人と言われているのです。がんになってしまうと、治療費が膨大になってしまい、先進医療の特約は月々100万円前後もかかってしまうといわれているのです。がんに侵されてしまうという事は辛く厳しい闘病生活になりますので、病気の本人は辛いでしょうが、お金の工面をしなければならない周りの家族も、辛い思いをしてしまう事になるのです。今のこの時代には、がん保険は必要不可欠となりますので、入っていて損はないでしょう。若いから大丈夫だと思うのではなく、若くしてがんになる人もいますし、若い方が進行が早いと言われておりますので、若くても入っておいた方が安心の生命保険のひとつとなっているのです。又、入院した時に降りる入院特約保険ももう一度見直してみましょう!現在では入院1日目から保険が下りるのが一般的になってますが、一昔前には入院5日目から降りる保険が一般的でした!この辺を見直さないために、入院したけど4日間は保険が降りない!なんて事が無いようにきちっと見直しておくことが大切です!

 

 


 
Copyright (C) 2010 生命保険加入で失敗しない保険の上手な選び方! All Rights Reserved.